赤ちゃん

【ハーフバースデー】って何をするの?ケーキと記念写真で楽しくお祝いしましょう!

ハーフバースデー

 ハーフバースデーって知っていますか。

 バースデーは誕生日のお祝いですが、ハーフバースデーは半分の6か月、生後6か月のお祝いです。

 今回は、ハーフバースデーについて紹介します。

ハーフバースデーって何?

  ハーフバースデーは、もともとアメリカやイギリスで行われていた風習で、近年、日本でも広まっています。

 ハーフバースデーは、生後6か月のお祝いで、その頃の赤ちゃんは、表情も豊かになってきて、そろそろ寝返りが打てるようになったりしてくるかわいい時期です。

 お母さんも、子育てがちょこっと落ち着いてくる時期です。

 そんなときに、赤ちゃんの成長を祝いつつ、写真やビデオなどで記録を残す記念日として、ちょうどいいイベントということで、近年、ハーフバースデーは、日本でも広まってきています。

ハーフバースデーって何をするの?

 さて、ハーフバースデーですが、特に何かをしなければならないという決まりはありません。

 とりあえずは、普通のバースデーと同じように、ハーフバースデー用のケーキを用意するくらいです。

 でも、赤ちゃんは、まだ普通のケーキを食べることができません。

 そんな赤ちゃんのために、離乳食ケーキというものを作ってあげる人もいます。

 離乳食ケーキはネットでレシピも紹介されているので興味がある人は検索してみてください。

 ケーキですが、赤ちゃんは食べられませんが、普通のケーキでも結構です。

(ウチの場合)
 私は、ハーフバースデーのとき、普通のケーキを買いました。ケーキの前で赤ちゃんの写真撮影をした後は、夫婦でケーキを食べました。

 ケーキのほかすることと言えば、写真撮影です。

 赤ちゃんはどんどん成長していきます。

 6か月目の赤ちゃんのかわいい様子を写真やビデオに収めてください。

 写真を撮る場合、写真を見て赤ちゃんが生後6か月ということが分かる方が便利です。

 そんなとき、月齢カードという便利なグッズがありますので、使ってみてはどうでしょうか。

 月齢カードについては、以下の記事をみてください。

【月齢カード】いつの写真だっけ?赤ちゃんの写真は月齢カードと一緒に写そう! 赤ちゃんって本当にかわいいですよね。  ついつい何枚も写真を撮ってしまいます。  でも、そんな写真を後で見返すと後でこう思います。...

まとめ

 ハーフバースデーは、近年広まってきました、ちょっとした楽しいイベントです。

 ハーフバースデーは、赤ちゃんの成長を祝いつつ、6か月間、育児に頑張ってきたお母さん(お父さんも)をねぎらう意味もあります。

ハーフバースデーのまとめ

  •  赤ちゃんの生後6か月を祝うイベント
  •  内容は、ケーキを用意して記念撮影を行う
  •  6か月間、育児をしたお母さん(お父さんも)をねぎらう意味もある

 ハーフバースデーでは、美味しいケーキを食べて、かわいい赤ちゃんの記念写真を撮るというふうな感じでゆる~く楽しんでいただければと思います。

ABOUT ME
もちゅこ
 こんにちは、もちゅこです。息子と5歳下の娘を育てる2児の母親です。まだまだ、子育て続行中です。私の経験も紹介しながら、子育てや生活に関するちょっとしたノウハウや解決法など紹介したいと思います。