赤ちゃん

【初誕生】ってどういう行事?一升餅や選び取りなど赤ちゃんと楽しんじゃいましょう!

 初誕生は、満1歳の誕生日をお祝いする行事です。

 今回は初誕生について、お話しします。

初誕生とは

 昔、日本では、お正月に全員が1歳年を重ねる「数え年」が一般的で、欧米のように誕生日を祝う風習はありませんでした。

 そんな日本でも、1歳を迎える初誕生だけはお祝いする習わしがありました。

 生まれてからから1年間、無事に育ったことを盛大にお祝いしていたのです。

 初誕生は1歳の誕生日のお祝いですが、ぴったり誕生日でなくても、誕生日付近の土日なんかでもOKです。

 家族や祖父母など、みんなの都合が良い日に赤ちゃんの初誕生のお祝いをしてみてください。

一升餅を背負わせよう

 初誕生のお祝いの仕方は地域によって異なりますが、一升(約1.8kg)のお米でついた餅を風呂敷にくるんで赤ちゃんの背中に背負わせるという行事が一般的です。

 一升餅の「いっしょう」ですが、「一生」という意味もあって、「一生食べ物に困らないように」「一生幸せに過ごせるように」いった願いが込められています

 また、丸いお餅から「円満な人生が送れる」といった意味もあります。

 ただ、一升のお餅は重たいですから、赤ちゃんは背負うことができません。

 ですので赤ちゃんにお餅を背負わせて、赤ちゃんをの両脇を持って歩かせるマネをするようにしてください。

(ウチの場合)
 赤ちゃんに一升餅を背負わせたところ、餅が重くて真後ろにひっくり返って、後頭部が畳にあたって、大泣きしてしましました・・・。

 

 一升餅を背負わせるときは、赤ちゃんがけがをしないように、しっかりサポートしてあげてください。

 一生餅は、餅つき機があれば自宅でつくこともできますが、和菓子屋さんもしくは通販などでで購入してください。

選び取り

 初誕生の行事として、選び取りがあります。

 さまざまな道具を置いて、赤ちゃんが何を選ぶかで、赤ちゃんの将来を占うものです。

 例えば、電卓やそろばん、本、えんぴつ、お財布、スプーン、楽器、ボールなどを赤ちゃんの前に置いて選ばせます。

 電卓やそろばんなら「計算が得意な子」や「商売で成功する」、本なら「お勉強ができる子になる」とか「学者になる」、えんぴつなら「作家になる」とか「画家になる」、スプーンなら「食べるのに困らない子」、「料理人になる」その他、お財布なら「お金持ちになる」、楽器なら「音楽家になる」、ボールなら「スポーツ選手になる」といった感じです。

 最近は選び取り用のカードがありますので、それで占っても楽しいです。

初誕生の祝い方

 初誕生は、両家の祖父母や家族で集まってごちそうを食べるのが一般的です。

 お赤飯や鯛など、縁起のいい料理を準備しても良いですが、食事の内容に特に決まりはないので、みんなが美味しく食べられるもので結構です。

  ごちそうのほか、バースデーケーキなんか用意してもいいですよ。

 また、初誕生の時は、赤ちゃんを囲んでみんなで記念写真ビデオ撮影なども行ってください。

【ビデオカメラ】子供との思い出は小さいカメラでちょい撮りがおススメ! かわいい子供との思い出を記録として残しておきたい。  でもどうやって残せばいいでしょう。  今回は、私が知り合いの先輩ママから教え...

まとめ

 初誕生は、楽しいお祝いの儀式です。

 一升餅や選び取りなどの赤ちゃんを中心にした楽しいイベントもあります。

 赤ちゃんが「一生食べ物に困らないように」、「一生幸せに過ごせるように」といったことをお祈りしつつ、家族で楽しく会食できればいいかと思います。

 ぜひ、初誕生を楽しんでみてください!

 

【お食い初め】っていつ?やり方は?お膳や服装はどうしよう!?便利な宅配もありますよ! お食い初めという行事がありますが、どういう行事で何をすればいいんでしょうか。  今回はお食い初めについてのお話です。 お食い初めっ...
ABOUT ME
もちゅこ
 こんにちは、もちゅこです。息子と5歳下の娘を育てる2児の母親です。まだまだ、子育て続行中です。私の経験も紹介しながら、子育てや生活に関するちょっとしたノウハウや解決法など紹介したいと思います。