幼児

【ベビーゲート】はおすすめ!階段上などは赤ちゃんにはあぶない!

 赤ちゃんがよちよち歩きをするようになってくると、お家の中のいろんな場所に行くようになります。でも、台所には熱いお鍋や包丁なんかもありますし、階段にも近寄ってもらいたくありません。赤ちゃんにとって、お部屋の中はまだまだ危険がいっぱいです。

 今回は、そんな、活動範囲が増えた赤ちゃんや幼児の安全対策、ベビーゲートについてお話します。

危険な場所への入口にはベビーゲート

ベビーゲートって何?

赤ちゃんや幼児が台所や階段など危険な場所に出入りできないように作られた小さな門のことです。

 赤ちゃんや幼児にとってもっとも危険なエリアは、台所や階段です。

 台所は熱いお鍋や包丁なんかもあって危険ですし、階段も転落する危険があります。

 特に我が家は寝室が2階にあるため、ハイハイし始めた赤ちゃんが階段の2階からころげ落ちるということを最も恐れていました。2階の寝室では、赤ちゃんが階段のある廊下に出ないようにドアをきっちりと閉めるようにはしていましたが、知らない間に閉め忘れたドアから抜け出して階段のある廊下に出てしまうことがありました。

 そこで、我が家ではベビーゲートを2階の階段の降り口に付けていました

 ベビーゲートは、写真のような小さい門です。出入口の両端を突っ張って取り付けます。ベビーゲートは赤ちゃんや幼児が自分で開けられない仕組みになっているので、赤ちゃんや幼児がベビーゲートを自分で開けて出てしまうことはありません。

 ベビーゲートを赤ちゃんや幼児に行かせたくない階段の降り口や登り口、台所の入り口部分に付けておけば安心です。

 ベビーゲートのドアも大人でしたら簡単に開け閉めできます。だいたいは、ゲートのドアを開けるときにボタンを押して開け、閉めるときはカシャリと自動的に閉まるタイプが多いと思います。

\KATOJIで/ベビーゲートを見る

ベビーゲートの他にもいろいろあります!

 赤ちゃんや幼児を危険な場所に行かせなくするものには、ベビーフェンスベビーサークルというものがあります。

ベビーフェンス

 ベビーフェンスは、ベビーゲートのようなドアの構造ではなく、単なるフェンスで開け閉めできません。高さは60cm~90cmというところで、赤ちゃんや幼児は越えられませんが、大人でしたら、またいで通ることができます。

 構造が簡単ですので、ベビーゲートより安価です。

 私は階段の降り口にはベビーゲートをつけましたが、登り口にはベビーフェンスをつけました。

ベビーサークル


 次はベビーサークルです。ベビーサークルは、赤ちゃんや幼児をぐるっと囲んだ柵のようなものです。赤ちゃんをベビーサークルに入れておけば、赤ちゃんはベビーサークル内から出られません。お気に入りのおもちゃなんかをベビーサークルに入れておけばそれでしばらくは遊んでいて、その間は安心して家事ができます。

\KATOJIで/ベビーサークルを見る

 ベビーサークルについての詳細は、以下をお読みください。

【ベビーサークル】はおすすめ!子どものお部屋やお片づけにも活用  生まれてからしばらくはねんねの状態の赤ちゃんも、日に日に成長し、ハイハイをしたり、よちよち歩きで家中を動き回ったりしてきます。...

まとめ

 台所や階段など、赤ちゃんや幼児に入らせたくない場所の入り口にはベビーゲートやベビーフェンスが有効です。そして赤ちゃんや幼児を入れておくベビーサークルなども便利です。

 万が一に備えて安全対策をやっておくことは大切ですし、何よりも親の心配がなくなって、ストレスが激減します。皆さんも子供の安全を守る備えをしてみてください。