赤ちゃん

【赤ちゃんの安全対策】角が危ない!危険から守るグッズとは?

 赤ちゃんがハイハイしたり、立ち上がってよちよち歩きだしてくると、テーブルの角なんかに頭をぶつけたりしないか心配になってきます。 

実は、部屋の中には赤ちゃんにとって危険モノがいっぱいあります!

 今回は、お部屋の中での安全対策についてアドバイスします。

角のある家具の購入は控える

 まずは、そもそものお話です。

 赤ちゃんがテーブルの角などでケガをしないように、角のある家具の購入はなるべく控えるようにしてください。

 結婚したばかりの時、デザインはかっこいいんですが角のとがったテーブルを購入しました。
 でも、赤ちゃんが生まれると、そのテーブルのとがった角で赤ちゃんが頭をぶつけたりしないか心配になって、結局そのテーブルは物置にお蔵入りとなりました・・・。

 既に購入してしまった家具はしかたないですが、これから購入する場合のアドバイスです。

赤ちゃんの安全面を考えて、なるべく角のある家具の購入は控えることをおススメします。

赤ちゃんの手の届く高さにあるモノは片づける

 赤ちゃんがヨチヨチ歩きを始めると、立ち上がって手が届く範囲にあるものを何でも触ってしまいます。

 うちの上の息子は、立ち上がってヨチヨチ歩きをし始めると、ちゃぶ台の上のモノをちらかしたり、低い棚の上のモノにつかまってひっくり返したりするようになったので、大あわてで片づけました。

 そこで赤ちゃんがヨチヨチ歩きを始めたときのアドバイスです。

赤ちゃんの手の届く高さにあるモノはなるべく片付けてください!

 

家具の角にはコーナークッション

 さて、赤ちゃんにとって家具の角は大変危険ですよね。

 特にテーブルの角は、ちょうど赤ちゃんの頭くらいの高さにあって、ぶつけたりしないかと思うと心配でたまりません。

 そんな場合は、家具の角を覆うコーナーガードを付けてみてください。

 コーナーガードとは

 家具の角に貼り付ける柔らかい樹脂製の緩衝材です。
 家具の角がすっぽりと覆われますので、赤ちゃんが頭をぶつけても危なくありません。

 家具の角にコーナーガードを貼り付けると、家具の角がカバーされるので安心ですが、コーナーガードが出っ張って家具の見た目が悪くなります。

 でも、今は透明な素材で作られたコーナーガードやかわいいデザインのコーナーガードもありますので、家具の色やデザインに合ったコーナーガードを使うようにしてください。

引き出しなどにはベビーガード

 赤ちゃんは、引き出しやガラスの引き戸、箱のふたなど、何でも開けようとしますよね。

 赤ちゃんが開けてしまいそうなところには、ベビーガードやチャイルドロックを付けてください。

 引き出しやガラスの引き戸の開閉部分にベビーガードやチャイルドロックを張り付ければ、大人は開けられますが、赤ちゃんは開けることができなくなります。

ドアとドア枠の隙間には指ストップ

 ドアは、ドアの開け閉め部分だけでなく、ドアの開閉側とは反対のドアとドア枠との間の隙間も、赤ちゃんが指を挟む危険があります!

 そんなドアとドア枠との隙間には指ストップを付けてみてください。

 指ストップ(日本ロックサービス)

 指ストップは、塩ビ製の蛇腹で、両面テープでドアとドア枠の隙間に着けることで、赤ちゃんの指挟みを防ぎます。

 指ストップと同様の製品はいろいろありますので、家のドアにあった製品を選んでみてください。

created by Rinker
日本ロックサービス(Nihon Lock Service)
¥1,957
(2021/06/22 11:06:27時点 Amazon調べ-詳細)

コンセントにはコンセントキャップ

 コンセントの差し込み口なども赤ちゃんが触ってしまいそうで心配です。

 そういうときは、コンセントの差し込み口にコンセントキャップを付ければ安心です。

created by Rinker
リッチェル
¥298
(2021/06/22 11:06:28時点 Amazon調べ-詳細)

赤ちゃんを守るグッズのセット

 今まで紹介した赤ちゃんを守るためのグッズがセットになった商品もあります。

 赤ちゃんの安全のために必要だと思われるモノがひとまとめになっています。

 とりあえず、一式そろえてから不足分を追加するというのも一つの手です。

created by Rinker
bébé tortue (ベベ・トルテュ)
¥3,280
(2021/06/22 11:06:28時点 Amazon調べ-詳細)

階段など危険エリアの入口にはベビーゲート

 台所には、熱いお鍋や包丁があります。

 それに階段なんかも、転落のおそれがあります。

 そんな危険なエリアには赤ちゃんを入らせたくありませんよね。

お部屋の中の危険エリアに立ち入らせないための器具がベビーゲートです。

 ベビーゲートは、出入口の両端を突っ張って取り付けるドアのことで、赤ちゃんや幼児もですが、ベビーゲートを自分では開けられないので、危険なエリアに侵入できません。 

 ベビーゲートについて以下の記事に詳しく書いていますので読んでみてください。

【ベビーゲート】はおすすめ!階段など危険な場所に赤ちゃんを行かせない! よちよち歩きをする赤ちゃん、かわいいですよね。  赤ちゃんが歩けるようになると、お家の中のいろんな場所に侵入します。  でも、台所...

赤ちゃんを安全に入れておくための柵、ベビーサークル

 最後に紹介するものはベビーサークルです。

ベビーサークルは、赤ちゃんが勝手に部屋をうろつかないように入れておく柵のようなものです

 赤ちゃんをベビーサークルに入れておけば、赤ちゃんはベビーサークル内から出られません。

 ベビーサークル内は安全です。

 ベビーサークルにお気に入りのおもちゃを入れておけばそれでしばらくは遊んでいますので、その間は、安心して家事などができますよ。

 ベビーサークルについては、以下の記事に詳しく書いていますので読んでみてくださいね。

【ベビーサークル】はおすすめ!子どものお部屋やお片づけにも活用  生まれてからしばらくはねんねの状態の赤ちゃんも、日に日に成長し、ハイハイをしたり、よちよち歩きで家中を動き回ったりしてきます。...

まとめ

 おウチの中のいろんな危険から赤ちゃんを守るグッズについて紹介しました。

 万が一に備えて安全対策をしておくことは大切ですし、何よりお母さんのこころの安心にも繋がります。参考にしてみてください。